オホーツクエリア

佐呂間町

SAROMA

CHAPTER 01

ホタテ、牡蠣…。
それは全部、サロマ湖の名産品です。

サロマ湖に面する佐呂間町。森と海、そして湖の豊かな自然を目一杯味わえるのが、このまちの一番の魅力。とれたてのホタテや牡蠣は、甘みやうまみがギュッと詰まっているこのまち自慢の高品質グルメです。そして実は、カボチャの生産にも力を入れているこのまち。カボチャといえば…ということで「シンデレラ夢まつり」も行われています。大きなカボチャ(以前の記録では200キログラムを余裕で超過!)や、ペイントされたカボチャがたくさん並び、グルメも楽しめるイベントを企画していましたが残念ながら、新型コロナウイルスの影響で中止に…。一刻も早い収束と夢まつりの開催を願っています。冬期には最低気温がマイナス10度以下になる日も多く、山ではもちろん、スキーも楽しめますし、北海道ならではのアクティビティを目一杯エンジョイできます。サロマ湖を見渡せる「サロマ湖展望台」から見る夕日は絶景!目も口も喜ぶまちに、ぜひお越しください。

CHAPTER 02

人口約5000人。
オホーツクエリアの都市へも
車で1時間圏内!

2021年3月の佐呂間中学校の卒業生は約40名。佐呂間高校の卒業生は25名ほどです。でも、みんなが助け合いながら日々丁寧に暮らしており佐呂間町の中心にある町役場のまわりには、昔ながらの商店がたくさん。活気のある店内には新鮮な食材がたくさん!コンビニもあるので生活必需品は一通り揃えることができます。また、まちから1時間圏内には、オホーツクエリアの都市である北見市・網走市・紋別市があります。自然の恵みを目いっぱい受けながら、便利な3都市へもアクセス可能。メリハリのある北海道ライフを楽しみたい方にはぴったりな環境です!

TOP
TOP